アケボノツツジ開花情報(4月17日状況)




 4月17日現在のアケボノツツジの写真です。ばらつきはありますが全体的には3分咲程度の開花状況となっております。花芽については昨年同様に少ない状況にあります。
 天候にもよりますが満開は4月24〜26日頃で、例年より1週間ほど早いのではと予想しており、5月のゴールデンウィークには花が残っていない可能性が高いと思われます。
 入らずの森や山頂付近は土壌流失等によってアケボノツツジの根が地表にむき出しになっており、その根を登山者が踏むことで木が弱り倒木する可能性があります。その対策として登山道などにコモ張りや進入禁止のロープを張っております。アケボノツツジの保護のためロープの外への進入はしないで下さい。





 
0

    アケボノツツジ開花情報(4月11日状況)



     4月11日現在のアケボノツツジの状況です。御覧のとおり花芽もふくらみ開花しているものも見受けられます。このままいけば今年は4月20日頃から1週間程度が見ごろとなりゴールデンウイークには見ごろのピークは過ぎるかもしれません。
     なお、天候や気温によって開花状況は変わってきますのでご注意ください。開花状況は随時更新していく予定としております。
    0

      ホームページ開設

       篠山観光開発協議会では、多くの方々に篠山の自然に親しみ、楽しんでいただけるよう、この度ホームページを開設いたしました。今後は季節ごとの情報や篠山周辺の地域で行われる色々なイベントなどを紹介していきます。
       ホームページの情報を参考にぜひ篠山並びに篠山周辺の観光スポットへお越しいただき、満喫していただけたらと思います。

       愛媛県と高知県の県境に位置する標高1,064.6mの篠山は篠山権現が祭られており、山頂付近にはアケボノツツジやシャクナゲの群生、コウヤマキ、ハリモミなどの原生林が群落し、自然植物の宝庫となっています。山頂からの展望はすばらしく、天気の良い日は足摺宇和海国立公園のリアス式海岸をはじめ、遠く九州の山々を望むことができ、雄大で変化に富む景観となっています。
       特に4月下旬から5月上旬にかけては、アケボノツツジやシャクナゲの花が咲き、年間で一番にぎわう季節を迎えます。
      0

        お問い合わせ

        ●愛南町役場 一本松支所
        愛媛県南宇和郡愛南町一本松3535
        TEL 0895-84-2211

        ●宇和島市役所 商工観光課
        愛媛県宇和島市曙町1
        TEL 0895-49-7023

        ●宿毛市役所
         工観光課
        高知県宿毛市桜町2-1
        TEL 0880-63-1119
        0

          篠山の植物・自然

          コウヤマキ

          山頂付近の稜線沿いに多く自生しています。篠山のコウヤマキは巨木が多く、10種類以上の木本が着生している「十色のコウヤマキ」は樹齢500〜600年と推定。

          アケボノツツジ

          海抜900m付近より頂上までで見られます。最も目立つのが頂上付近で、百年を越すと思われる木々が多くあります。

          ハリモミ

          コウヤマキ林の下部にハリモミ林が群生を形成しており、幹回り1mを超える木々もあり貴重な群落となっております。

          シャクナゲ

          4月下旬から5月上旬にかけてシャクナゲの花が咲きます。

          篠山の不思議発見
          大杉

          目周り6.5mの大杉は愛媛県下で一番大きいと言われており、樹齢も千年を越えています。

          0

            << | 3/3PAGES |